バンガローとコテージとロッジの違いは?

キャンプ場でよく見る「バンガロー」、「コテージ」、「ロッジ」

これらはどういった違いがあるか気になりますよね。

山小屋に泊まりたいけどそれってバンガロー?コテージ?

呼び名がたくさんあって困ってしまいます。

自分に合ったイメージの宿を見つけるためにそれぞれの違いをまとめました。

バンガロー

「バンガロー」とは、キャンプ場などに設けられる木造の簡易な宿泊小屋のことです。

電源がついていますので、スマホの充電や電気機器は使用可能です。

シャワーやトイレ、キッチンなど基本的に設備はなく、食材や調理器具、寝袋などキャンプ道具一式を持参する必要があります。

テントの代わりに使用する小屋というイメージです。

コテージ

「コテージ」とは、家電や家具、トイレなどの設備が整っている一戸建てを一棟貸し切るタイプの宿泊施設のことです。エアコンやキッチン、シャワーもあるので食べるものがあれば宿泊可能です。

部屋も複数あるところがほとんどで、家族やグループで利用する方向きです。

ロッジ

「ロッジ」とは、「バンガロー」と「コテージ」の中間的のようなイメージで、

エアコンやキッチンなどの設備はありますが、バンガローのように広くなく、充実していないです。

どちらかというと設備が整った山小屋のようなイメージです。

どこに泊まるべきか

それぞれに特長がありますので、本格的なキャンプを楽しみたい方はテント泊やロッジです。自分で食料や道具を持っていきますので、必要最低限で、かつ軽量なものを選びます。キャンプ用品も数多くあるので、自分の好きなものやお気に入りを探す楽しみも増えますね。

それなりに設備は整っていてほしいけど、安く済ませたい方はロッジがおすすめです。コテージよりもキャンプ感が楽しめるので、学生サークルや友人、家族で行くとおもしろいと思います。

スキー・スノボやその地域でイベントがあり、大人数で宿泊するのであればコテージがおすすめです。一つ屋根の下で寝泊りするのでなかなかできない深い話しもできますし、家族の絆や友情が深まります。自由な寮生活のようなイメージで泊まる方もいます。

まとめ

キャンプやバーベキューの楽しみ方は人それぞれです。人気がなく電気もないところで大自然を楽しむ、設備が充実しているところでみんなで自然を楽しむ、孫、子どもを連れて親子3世代でいく、春夏秋冬、老若男女が独自のスタイルで楽しめる遊びです。あの空間にいると自然と仲が深まるところも不思議なキャンプの魅力ですよね。魅力満載なキャンプ・バーベキューをぜひ楽しみましょう。

友人や家族で使えるおすすめのバーベキューコンロを紹介します。 種類や値段は様々ですが、良いものはいい。高機能でユーザーの希望をかなえた...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク